ウルトラソフビブログ~M78~

ウルトラシリーズのソフビを主に紹介しております。ウルトラマン好きの方もそうでない方も楽しんでください。

ウルトラヒーローシリーズ ~ウルトラマン②~

皆様、お久しぶりです管理人の「のりりん」です。今回は前回に引き続きウルトラマンについて紹介していきたいと思います。

こちらのソフビは17年間流通してきたウルトラ6兄弟が始めてリニューアルされ、その造形はスーツの完全コピーを目指したものになりました。また新造型に併せて、軟質ソフビに変更され、1991年以来となる商品の大入れ替えになりました。品質向上と物価上昇の理由により1体700円になりました。

この頃のソフビからすべての商品のクオリティが上昇したんですよね。それまで一部はリアルに再現されていたのに対し、ほとんどはあまり造形が凝ったものではなかったんです。でも、それもおもちゃ感というか何か味があって好きなんですよね。

また、こちらの商品はルーツオブウルトラマンとして販売されたものと同等品になります。ウルトラマン、ティガ、ペギラがセットになって販売されましたがウルトラマンのみ一般流通品と同等のものになります。

 

こちらの商品はウルフェス限定になります。クリアレッドラメシリーズではゾフィー、セブンなどほかの商品よりも遅れて登場しました。

クリアレッドラメシリーズは通常版とほとんど大差がないのでどうせなら大幅に色を変更してほしかったです。

 

こちらのウルトラマンは2009年に再度リニューアルされ、腕のみ握りこぶしに変更され、また目の塗装が乳白色に変更されました。塗装は一個前のリニューアル版の方が個人的には好きですね。再現度が高いし、こちらは手抜きに感じられてしまうので。出る順番が逆じゃねーのなんて思ったりもしますよね。

こちらの商品は布製のマントとウルトラマンをセットにして、「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説」の公開劇場にて販売されたものになります。セブンも併せて販売されていました。ソフビは通常品と変わりありません。マントはショップ限定ですが、一定額以上の購入者に対しプレゼントされました。これによりその他のウルトラ兄弟たちにも安価にマントをつけることができました。

 

こちらの商品はDVDとソフビがセットになって販売されており、主に光線発射ポーズをした限定フィギュアになります。こちらの商品は一般流通品でしたが、価格が1800円だったため、あまりオークション等では見かけませんね。Not for Saleの刻印がありレア感が増しているように感じます。

 

今回は以上となります。全部載せることができず、申し訳ありません。次回でウルトラマンは終わらせ次に進みます。私のめんどくさがり屋の性格がでてしまいました。

皆さん、今度こそ信じて見捨てないでくださいまし。ではでは。

ウルトラヒーローシリーズ ~ウルトラマン①~

皆さんお久しぶりです。管理人の「のりりん」です。

今回からさっそく「ウルトラヒーローシリーズ」についてレビューしていきたいと思います。記念すべき最初のレビューはこちら。

f:id:nolilin:20170724203400j:plain

 

そう、みんな大好きウルトラマンです。ウルトラマンは数がとても多いので余計な話はなしにして早速レビューいきます。

 

こちらの商品は1983年製造のものと型は同じなのですが、実は初めて「ウルトラヒーローシリーズ」と銘打たれ吊り下げ方の箱で販売されたものになります。価格も湾岸戦争による石油高騰により500円から600円へ変更されました。1983年のもの持っているのですが一番遊んだものなので塗装が剥げまくって真っ赤になっているので掲載は控えました。1983年製造のものと比べ塗装の仕方や赤色のところがクリアになっているなど一部変更があるようですね。

 

 

こちらAタイプはマスク、猫背な感じ、当時のスーツの感じがクオリティー高く再現されているんですよね。販売は2000年ですがほかの同時期のものと比べると再現度がぜんぜん違うんです。最近こういう遊び心があるものが販売されないんでおもしろいやつ販売してくれんかなーなんて考えています。個人的な感想ですが、ウルトラマンはAタイプかCタイプが好きなんですよー。Bタイプは宇宙人に近い感じがしてあまり、でもBタイプもソフビ化してほしかったなー。

 

こちらのウルトラマンはウルフェス限定品になり、ベムラー(クリアカラー)、赤い玉

青い玉がセットになっております。数ミリですが先ほど紹介したAタイプより小さいですが、ウルトラマン1話を再現できる貴重なソフビですね。今ならオークションやまんだらけにて購入するのがいいでしょうね。価格もそれほど高騰していないかと。

 

 

ゼットンと「怪獣大決戦場」のポーズ付きウルトラマンをリアル彩色したものがセットなります。ウルトラマン倶楽部2月の限定商品みたいです。ぶっちゃけ一番気に入っているソフビは実はこれなんです(早く出しすぎ笑)。あーきれいな奴欲しいなー。

 

  •  ウルトラバトルゾーン怪獣大決戦場(1995年)

    f:id:nolilin:20170724210107j:plainf:id:nolilin:20170724210248j:plain

こちらの商品は年末にサウンド付きジオラマがセットで販売され一般流通品によりどこでも購入可能でした。しかしながら販売価格9,800円というありえない価格によりあまり中古には出回っていないように感じます。当時はさすがにソフビに1万は使いませんでした。お年玉はゲームを優先してました。ごめんなさい。

 

えー皆さん申し訳ありません。先ほど書いたようにウルトラマンは本当に数が多く掲載するのがめんど、いやいや(汗)大変でして何回分けて紹介させていただきます。ウルトラマンでこれだとティがヤベーなーとか思っています。次回はできれば残りのウルトラマンすべて載せたいなーなんて思っています。超ウルトラ8兄弟やドリトス限定品もあるのでお楽しみに。ではでは。

 

 

ウルトラマンソフビレビュー ~決戦前夜~

みなさん、どーも始めまして、管理人ののりりんと申します。

 

このブログでは、ウルトラマンが大好きで子供の頃から集めていている「ウルトラヒーローシリーズ」、「ウルトラヒーロー500シリーズ」に関して主に紹介していきたいと思います。

 

f:id:nolilin:20170723173437j:plain

 

 

まず、はじめになぜ私がウルトラマンに興味をもったかについてですが、単に父親の影響なんですよね。父親が元々特撮好き、中でも円谷作品好きだったので家の中にはウルトラマンゴジラのフィギュアやおもちゃがたくさんありました。

実際これから紹介していく「ウルトラヒーローシリーズ」は私が生まれる前から父親が購入しており現在では私が引き継ぐ形でコレクションしております。

 

ソフビ紹介していく中で塗装が剥げてボロボロになったものが多数出てくると思います。

子供の頃、一緒に遊んだり、お風呂に連れてったりしてボロボロな奴もあるんですが愛着があって捨てれないんですよね。買い直したものもあってできるだけ状態がいいものをレビューしたいと思いますが汚ないものもあるのでご理解願います。

 

さて、これから本題ですがフィギュアを紹介していく前に「ウルトラヒーローシリーズ」に関して説明いきましょう。(「ウルトラヒーロー500シリーズ」の説明は「ウルトラヒーローシリーズ」のソフビ紹介終了後にでも行いたいと思います。さて、どんくらいかかることやら。笑)

 

ウルトラシリーズとは

 f:id:nolilin:20170723173940g:plain

ウルトラヒーローシリーズは、1983年にバンダイより販売されました。1973年~1983年頃までウルトラマンのソフビを製作していたポピーを吸収合併したバンダイが「リアルホビーシリーズ」をリリースし「ウルトラシヒーローリーズ」へとつながっていきます。

ウルトラセブンの再放送を契機にスタートしたため、怪獣に関しては当初はセブンに出てくるものが先行して販売され、後日マンに出てくる怪獣が販売されたようです。

 

1983年から長く販売され続けた「ウルトラヒーローシリーズ」も2013年に販売終了しました。個人的には現在販売されているものよりもサイズが大きく造形も細かくこちらのほうが好きでした。

 

えー話が長くなりましたが次回からウルトラマンのソフビを気長にレビューしていきたいと思います。特に「ウルトラヒーローシリーズ」は数が多くリメイクやクリアカラーなど多数あるので現行販売されているものに追いつけるようなるだけ更新していきたいと思います。また、箱やタグはについてのレビューはほぼありません。自分自身開けて遊びたいので箱やタグはすぐに捨ててしまうんですよね。

 

まー何はともあれ初めてのブログなので温かい目で見守っていただけると助かります。

それでは次回からレビュースタートです。最初はやっぱりアイツです。ではでは。